落ちこぼれエンジニアの憂鬱

個人的に気になるお金儲け、テック情報をわかりやすくお伝えします

ガジェット

Google Homeを使って、簡単な受け答えするアプリを作るのはとても簡単

投稿日:

先日、勢いでGoogle Homeを購入して、レビューしたのですが、今回は、これでどんな開発ができるのか、チェットだけ試してみました。

《参考記事》 ついに日本で発売「Google Home」-実際に使ってみるとかなり微妙です

 

それにしても、最近では、Google HomeやLineのClova WAVEのTVコマーシャルをバンバン見かける様になり、メーカーもスマートスピーカーを売り込もうと必死な感じです。

面白いことに、あのCMがテレビから流れると、うちのGoogle Homeもコマーシャル中の「OK、Google」に反応してピカピカしています。

なぜか、その後のコマンドには反応しないので、ワザとそうしているのかもしれません。

うちのGoogle Homeは可哀そうな感じです

購入してから、結局のところ、我が家ではほとんど使われておらず、唯一、音楽スピーカーとしてしか活躍しておりません。

それも、週末に私が気づいたときにオンにしている程度です。

 

予想通りな感じなのですが、このままでは、ガラクタと化してしまいそうなので、本来の目的であった、開発用ガジェットとしてどんなことができるのか、調べてみることにしました。

ボチボチ、Google Homeを使った開発記事を増えてきました

サードパーティ製のものでも、一般にコマンドを公開できるようです。

以下の記事で紹介されていたのですが、「OK Google, Best Teacher」と、Google Homeに話かけると、英語勉強用のアプリが起動します。

《参考》 【Google Home開発】Actions on Googleって何? ローンチパートナーのベストティーチャーさんに教えてもらってきた!「英語リスニングドリル100選」

このアプリは、英語のリスニング勉強用で英会話を聞いて、そのあとの質問に答えるというものです。

無料で公開されています。

オンライン英会話塾のコマーシャルアプリなのですが、Google Homeを使ってこの程度のアプリなら簡単に実現できそうです。

 

とりあえず、自分でも何かやってみようと、以下の記事を見ながら、実際にやってみることにしました。

《参考》 Actions on Googleでapi.aiを使ってGoogle Homeに何か言わせてみる

この記事通りにやれば、決まりきった簡単な受け答えを作るぐらいであれば、WebUIの設定するだけで済みそうです。

実際に簡単な実験をやってみました

実機のGoogle Homeを使って、思った通りの受け答えができるか、試してみました。

ただ、これがなかなか苦戦しました。

上の記事を読んでいると、すごく簡単にできそうなのですが、簡単な受け答えをさせるのに、1時間もかかってしまいました。

 

まず、最近、GoogleのAPI.AIの名称が「dialogflow」に変わってしまっており、そこでまず躓きました。

前の英語塾のアプリでもその記載があったのですが、完全に見過ごしていました。

あと、「dialogflow」で設定したあと、シミュレーターでのテストがなかなかできず、困ってしまいました。

理由は、上記記事の中にあった、Google AssistantのIntegration設定を飛ばしてしまい、テストが実行できるようにならず、それだけで30分以上も悩んでしまいました。

UI上で、元々、Google AssistantがONになっていたので、そのままで良いかと思ったのですが、それではだめで、クリックして新しく作成したインテント設定をし、AUTHORIZEしないとダメだったみたいです。

Actions on Googleもまだまだ進化している最中のようで、ムチャクチャ分かり難いUIです。しかも、すべて英語なので、イチイチ、躓いてしまいます。

 

今まで、AWSサービスばかり使っていたので、Googleには慣れており、少し戸惑い気味です。また、この機能の基本的な流れが全く分かっていないので、理解が追いつかないです。

そもそも、どのようなフローで動いているのかも分かっていないのでダメですね。

やっぱり、英語のドキュメントをキチンと読まないと、本格的な開発はできないみたいです。

とは、言いつつ、予め決まった受け答えをするぐらいであれば、簡単に設定できることは分かりました。

しかも、同じGoogleアカウントで動かしているGoogle Homeがあると、そのまま実機での動作確認もできるのはすごいです。

さすがはGoogle様。

 

アマゾンのエコーもGoogle HomeのActionと同じように、スキルを追加できるので、どっちが使いやすいのか試してみたいところです。

ただ、アマゾンに比べて、Googleの方が技術力では圧倒的に優れていると思うので、個人的には、スマートスピーカー市場のシェアも今後、逆転するのではないかと考えています。

まとめ

今回、Google Homeを使った簡単な開発をやってみたのですが、中々面白いですね。

これだけ簡単に音声でのコマンド入力、音声で回答が実現できる環境というのは、色々な可能性を感じます。

サーバーを使うと、もっと色々な後処理ができるので、アイデア次第で、面白いサービスが実現できそうです。

この分野はアメリカで先行しており、アマゾンがかなり先をいっているのですが、Googleも猛追しており、Line、Appleの参戦でかなり盛り上がって来ている分野です。

 

とりあえず、何ができるのか微妙な感じのガジェットなのですが、色々な可能性を感じます。

将来的にはスタートレック的な世界が身近になってそうでワクワクしますね。

個人的には、なんか面白いアイデアが思い付けば、色んな開発をやってみたいのですが、なかなかこれっといったアイデアが思いつかないですね。。。

-ガジェット
-

関連記事

いまさらpebble time steelを買ってみました-初めてのスマートウォッチ

昔からスマートウォッチが欲しかったのですが、初代Apple Watchは電池持ちが最悪だったのと、メインでiPhoneは使っていないので、完全にパスしていました。 ただ、最近になってアフィリエイト関係 …

捨てるスマイルタブレット2RをAndroid化-結局文鎮化しました。。。

うちの子供たちは昔からスマイルゼミのタブレットを使って勉強しており、今でも、一番したの子が中学でまだスマイルゼミを受講しております。 このスマイルゼミのタブレットなのですが、昔から比べると何度か進化し …

Pebble time steelの革バンドがすぐにダメになったのでメタルバンドに変えてみました

前回、Pebbleを使ってみて、とても良い感じだったのでレビュー記事を書きました。 《関連記事》 Pebble time steelを一週間使ってみて、良い感じだったのでレビューしてみます 今回は、そ …

Pebble time steelを一週間使ってみて、良い感じだったのでレビューしてみます

先週、いまさらPebbleを買ったのですが、今週一週間、ずっと着けてみたレビューです。 《参考記事》 いまさらpebble time steelを買ってみました-初めてのスマートウォッチ Conten …

ついに日本で発売「Google Home」-実際に使ってみるとかなり微妙です

10月6日に待望の日本語対応の「Google Home」が発売されました。税込で15,120円です。   今なら、ビッグカメラで購入すると、4600円相当の「chromecast」がただで付 …

サイト内の検索

管理人の「スノーホーク」です。

ムーミン谷の「スナフキン」や、北斗の拳の「雲のジュウザ」のように、シガラミにとらわれず、飄々と生きることを日々目標にしています。

少し前、務めている会社が経営破たん寸前まで追い込まれ、リストラの嵐に遭遇しました。

知り合いがたくさん辞めていく中、個人的には首を切られるところまではいかなかったのですが、あとちょっとで会社が潰れるところでした。

それまで、特に転職などは考えていなかったのですが、必然的に会社が潰れた後、どうやって生きていくかをを真剣に考えるようになりました。

そんな背景もあって、まずは会社以外の収入源確保のためとスキルアップも兼ねて、アフィリエイトを始めたのが4年前です。

ラッキーにも、2年でソコソコの収入を得るまでになったのですが、Google様の逆鱗にふれ、下降曲線まっしぐらです。

詳細は以下の記事に詳しく書いておりますので、よかったら読んであげてください。

《ご参考》 アフィリ初心者のご参考にアフィリエイトサイト運用歴を公開-諦めたらそこで終わりです

 

このブログサイトでは、アフィリ以外にも投資やネットのテック情報について、忘備録も兼ねてまとめてます。